歯周病治療の方法とは

バナー

歯周病治療の方法とは

歯周病治療の方法は主に3種類あります。プラークコントロール、スケーリング、ディープスケーリングになります。

プラークコントロールは歯ブラシやデンタルフロスを使用して腔内を綺麗にする方法になりますが、これを徹底するだけで歯茎の腫れや口臭が減り、細菌の数を減らすことができます。



歯周病治療の基本はプラークコントロールとも言われており、常に口の中は綺麗にしておくようにしましょう。



次にスケーリングですが、こちらは自分ではできない歯石の除去を歯医者にしてもらうことになります。



歯石はプラークや唾液などから作られるものであり、細菌が繁殖しているため超音波の振動などで除去する必要があります。

最後にディープスケーリングという歯周病治療の方法になりますが、こちらは先ほどのスケーリングとは少し違い、歯茎の中に出来てしまった歯石を除去するものになります。

超音波の振動だけではなく器具を使い取り除くことになります。
ディープスケーリングは歯周ポケットの中の歯石を除去しますからディープスケーリングを終えると歯の根元がツルツルの状態となり、歯茎も引き締まりますから細菌に強い環境を整えることができます。このように歯周病治療には3つの種類があり、腔内の環境をより良いものにするためにもしっかりとケアをしなければなりません。
特にスケーリングは自分で行なうことができないため、少しでも歯周病を改善させたい、治療したいと思っているのでしたら定期的に歯医者に通うと良いでしょう。

Copyright (C) 2016 歯周病治療の方法とは All Rights Reserved.