プラークコントロールで歯周病治療

バナー

プラークコントロールで歯周病治療

歯周病は現代人の約80%がかかっていると言われるほどの身近な病気です。しかし初期の段階では症状はほとんど感じられず、歯茎がうずいたり歯がぐらぐらしたりなど、何かしらの症状が出てからでは歯周病治療が大変なことになる可能性もあります。


では歯周病にならないためにはどの様な事をする必要があるのでしょうか。


歯周病治療を行うためにはまず、プラークコントロールという言葉を理解する必要があります。

プラークとは歯石のことを意味しますので、直訳すれば歯石を管理する、になります。

歯石はそのまま放っておくと歯周病菌の温床となり、虫歯だけでなく歯周病に繋がる厄介な物です。

つまりその量を管理するのではなく、歯石が無い状態を管理する、ということがプラークコントロールになります。



では具体的にはどの様なことをするのでしょうか。



とにかく正しい歯磨きを徹底することです。

歯の表面だけを磨かず、歯と歯茎の境目もしっかりと磨くこと、そこを磨く際は境目に対して90℃に歯ブラシを立てて歯周ポケットにある歯石を取り除く必要があります。
また歯間ブラシを使用して歯と歯の間にある歯石もしっかりと取り除きましょう。


そして忘れがちな歯茎もマッサージするように磨くことで血流が良くなり、口内環境を整えることも出来ます。

しかし自分でプラークコントロールが出来ていると思っていても、本当にそうかは分かりません。
そこで定期的に歯科に通い、歯石取りをしてもらいましょう。


実際、歯科に定期的に健診を行なってもらっている人ほど歯周病や虫歯は少なく、かかっていても初期の段階で見つけることが出来るので早期治療を行うことが行うことが出来、重症化しにくいというデータもあります。

自分の管理だけでなく、プロに診てもらうことで歯周病治療は大きく変わってきます。



身近な病気であるがゆえに忘れがちな事でもありますが、重症化する前に打てる手は打っておくと便利です。

Copyright (C) 2016 プラークコントロールで歯周病治療 All Rights Reserved.