歯周病チェックと歯周病治療

バナー

歯周病チェックと歯周病治療

歯周病は歯垢に含まれる歯周病菌によって歯肉が腫れたり、出血したり、最終的には歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまう病気です。歯茎などから膿が出る症状のことを歯槽膿漏と言いますが、この歯槽膿漏も歯周病のひとつの症状です。



歯周病は自覚症状がないことが特徴で、何らかの症状が出ると進行が進んでしまっていることが多く、進行具合によっては歯周病治療が難しくなってしまうことがあり最悪の場合には抜歯をしなくてはいけなくなることもあります。
自分でチェックする方法としては歯茎から出血していないか、口臭がないか、口の中の粘つき、歯茎の晴れ、歯茎の色が赤や紫などではないか、歯茎から膿が出ていないか、固いものを噛むのがつらい、歯がぐらつく、歯茎が下がったように感じる、歯と歯茎の間に物はよく挟まるなどあてはまることがあれば歯科を受診するのがおすすめです。


歯周病治療は早ければ早いほど簡単な治療で済みます。

症状を悪化させてしまう前に歯周病治療に取り掛かることが大切です。



治療の基本は歯周病の原因となる歯垢を除去することです。



そのため毎日の歯磨きなどではきれいに取り除くことができていない歯垢を除去します。

また歯周病にかかると歯周ポケットが深くなってそこに歯垢が溜まり、それが歯石となってしまいます。

その歯石の除去も歯周病治療のひとつです。


詰め物や被せ物に不適合なものがあるとそこにも歯垢が付きやすいので、これらをチェックしてあっていないようであればきちんと適合するものに修正したり、正しい歯磨き指導や生活習慣などの指導も歯周病治療として行われます。

Copyright (C) 2016 歯周病チェックと歯周病治療 All Rights Reserved.